た行

縦取り(たてどり):白2手目で黒と縦になるように取ること。
種石(たねいし):石を置くのに必要になる石。 ※種石作り・種石消し
だんご石:同色の石を内側に集めた形。
単独C打ち:辺に石のない状態でCに打つこと。
中辺の横取り:中辺を自分の石で埋めること。悪形といわれる。
付け手:辺に打たれた相手の石の隣に打つこと。
手数(てかず):自分が置ける場所の数。手数が少ないと不利になる。
手止まり(てどまり):最後の一手を打つこと。
天王山(てんのうざん):両者にとって好手になる場所。先に打つことが重要である。


戻る