次の図を順に見てください。

例えばですが、貴方は白です。相手の手は考えないこととします。

++++++
++++++
+++●●+
++●●●+
++○○○+
++++++
  ↓
++++++
++++++
++○●●+
++○○●+
++○○○+
++++++
白はこのように取ると1回で2石返すことになる。

しかし
++++++
++++++
+○+●●+
++○●●+
++○○○+
++++++
  ↓
++++++
++++++
+○○●●+
++○○●+
++○○○+
++++++
こうしたほうが2回使って石を返すことになります。
1回で返すよりも2回または3回といったように,より多くの回数で返したほうが得なんです。これが手数の考え方です。
手数は多いほうが得という考え方は「序盤は石を少なく返す」という一石返しの基本に忠実な考え方に通じる考え方です。
この手数の考え方に相手の打ちまわし(相手の打ってくる手)への対応を含めて考えなくてはいけないのがオセロですね。
手得を取るか相手の種を消す方を取るか等といった駆け引き的な考え方です。



この文書はstands_anyokawawa氏による文書を元に作成されています。

戻る