序盤中盤では自分の石を少なくすることは重要です。
それを達成するには『一石返し』という技法があります。
一石返しとは文字通り自分が石を置いて返る石が一つだけのことです。
要するに自分の石になる数を最小限に留め,自分の石数を減らし有利な状況に持っていくという考えであり『一石返しは好手』と一般に言われています。
ところが,常に一石返しをしていても有利になるとは限りません。
例外はたくさんあります。
一石返しをすることによって相手に好手が生まれたりするのであればその一石返しは好手とは言わずむしろ悪手と言えるでしょう。
しかし,分からないうちは積極的に一石返しをしてみましょう。

戻る