次のような局面を考えてみましょう。

\ABCDEFGH
1+●●●●●++
2●+●○○●+○
3●○●●●●○○
4●○●●○○○○
5●●○●○○○○
6●○○●●●○○
7●○●○○○○○
8●●●●●●○○
白番

右上には3マスの奇数個空きがあります。
左上には2マスの偶数個空きがあります。
偶数理論の基礎でも述べましたように、
偶数個空きと奇数個空きがあれば、
奇数個空きに先着したほうが良い感じでした。
今回はどうでしょう。


偶数理論へ戻る

戻る